では、実際に動画広告を制作する場合、どのような方法があるのでしょうか。動画制作には大きく2つの方法があります。1つは、自社において動画制作を行い、それを広告として使用するという方法です。業務上、動画制作に関するノウハウがある会社なのであれば、この方法の方がコストを抑える事ができる上、意思疎通が行いやすいためにイメージ通りの動画が制作しやすくなります。しかし、動画制作のノウハウがない会社がこの方法を取ると、何が伝えたいのか分からない動画になってしまったり、技術の拙さが目立ってしまって逆効果になる可能性があります。

動画制作のもう1つの方法は、動画制作を行っている専門の業者に対して外注するという方法です。インターネット上で探すだけでも、広告動画制作を代行してくれる業者は多く存在しているため、こういった業者を利用するのが良いでしょう。しかし、業者によって得意としている動画制作の分野には違いがあります。実写動画の制作を得意としている業者もあれば、アニメーションを得意としている業者もある、というような特徴があるため、自社で考えている広告動画の内容に合わせて適切な業者を選択しましょう。予算の相見積もりも重要です。

参照資料・・・動画制作専門業者「MOVI-LAB」