では、実際に動画広告を制作する場合、どのような方法があるのでしょうか。動画制作には大きく2つの方法があります。1つは、自社において動画制作を行い、それを広告として使用するという方法です。業務上、動画制作に関するノウハウがある会社なのであれば、この方法の方がコストを抑える事ができる上、意思疎通が行いやすいためにイメージ通りの動画が制作しやすくなります。しかし、動画制作のノウハウがない会社がこの方法を取ると、何が伝えたいのか分からない動画になってしまったり、技術の拙さが目立ってしまって逆効果になる可能性があります。

動画制作のもう1つの方法は、動画制作を行っている専門の業者に対して外注するという方法です。インターネット上で探すだけでも、広告動画制作を代行してくれる業者は多く存在しているため、こういった業者を利用するのが良いでしょう。しかし、業者によって得意としている動画制作の分野には違いがあります。実写動画の制作を得意としている業者もあれば、アニメーションを得意としている業者もある、というような特徴があるため、自社で考えている広告動画の内容に合わせて適切な業者を選択しましょう。予算の相見積もりも重要です。

参照資料・・・動画制作専門業者「MOVI-LAB」

それでは、動画広告を制作する場合、どのようなポイントに気をつけるとより効果的な動画にすることができるのでしょうか。基本的に動画広告というのは、直接見ている1人に対して訴求性を持たない性質の広告です。しかし、動画内容を工夫することによって、これを拡散されるものに変更することが可能になります。

例えば、広告としてというより、単純に動画として面白いものを作るというのが1つの方法となります。面白い動画の制作に成功すると、それを見た人が他の人に教えてくれる「拡散」が発生する可能性が高くなります。特にインターネット上の動画広告である場合、SNSを通して爆発的に拡散され、本来であれば見た1人に対してしか効果がないはずの動画広告をグローバルな広告へと変えてくれる可能性があります。

もう1つの方法として、動画の内容をストーリー性のあるものにするという方法があります。これを利用すると、広告であるにも関わらず、その続きを見たいという気持ちを喚起することができるようになります。上手く利用すると自社サイトへのアクセスを集めることができるようになり、動画広告からの集客効果を求めることができるでしょう。話題性を作りやすいのもポイントです。

それでは、動画で広告を行うことによって得られる効果はどのようなものなのでしょうか。従来の静止画や文字による広告と違い、動きを付ける事ができるというのが動画広告の大きなポイントとなります。例えば自分達の提供しているサービスや製品について、実際に利用されている場面を動画として見せることができるため、利用者に対して寄りダイレクトにそれがどのようなものであるのかを知らしめることができます。

また、動画広告においては音も出すことが可能です。実は脳というのは、視覚で得た情報よりも聴覚で得た情報の方が記憶に残りやすいという性質を持っています。そのため、文字や画像だけで広告を伝えるよりも、動画で音を加えて伝えた方が、より記憶に残りやすいものとなるということです。

より多くの人の記憶に残りやすくなれば、製品やサービスを探す際に想起されて選ばれる可能性が高くなります。気づかない内に、知っている名前である自社のサービスや商品を選んでくれる可能性もあります。そういう意味では、記憶に残る広告というのは非常に有用な効果があります。ただし、マイナスの記憶にならないように、動画内容や表示のさせ方については十分検討する必要があるでしょう。

スマートフォンやパソコンの普及によって、多くの人にとってインターネットは非常に身近な存在となりました。このインターネットの普及によって大きく変化を求められているのが、マーケティング分野です。マーケティング、特に広告活動におけるインターネットでの効果的な方法というのは、大きく変わってきています。では、インターネットの広告としてはどのような形のものが存在しているのでしょうか。

まずは、リスティング広告と呼ばれるものがあります。これは検索エンジンで特定のワードについての検索が行われた際に、検索結果よりも上位に自分のサイトが表示されるようにする、という広告のことを指しています。その際にそのサイトがどのような特徴を持っているのかについても紹介されるようになるため、より多くの人がサイトに訪れてくれるようにする効果があります。

また、ポップアップ広告と呼ばれるものもあります。これは広告を設定しているサイトの閲覧を行っている時に画面上にポップアップして、アピールをする広告となります。この広告はやり方に気をつけなければ、利用者に不便を与えてしまう事になり、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

そしてさらに、動画広告というものがあります。動画サイトに広告を出すことによって、そのサイトを閲覧している人に動画広告を見てもらう、というのがこの形式の広告です。この広告を行うためには、動画制作について知っている必要があります。